メールが届かないお客様へ
はじめてのお客様へ
通信買取ページへ

 

特典ページ

 

中古ページ

 

ランキング

 

トップ > 2018年発売 > 2018年2月発売 > 独占催眠 「私を好きにしていいから、あの娘もめちゃくちゃにして!」

独占催眠 「私を好きにしていいから、あの娘もめちゃくちゃにして!」

製造元 : WitchFlame
希望小売価格 : 5,800
価格 : 4,680円 (税込 5,148円)
発売日:2018年2月23日
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ

発売日:2018年2月23日

メーカー:WitchFlame

メーカーリンク:HP
ジャンル:催眠能力者の転入生から依頼を受けて、クラスメイトを好き放題する催眠ADV
原画:たぢまよしかづ
シナリオ:須々木鮎尾

マスターアップ!

『独占催眠』応援中

【ストーリー】
ある日、転入生でクラスメイトの淵上 冬音(ふちがみ ふゆね)に取引きを持ちかけられた主人公、神薙 皇也(かんなぎ こうや)
同じくクラスメイトである
「三雲 鈴香(みくも すずか)を汚してほしい、代わりに、嫌だけど自分の身体を好きにして構わない」と言う。

突拍子もない提案だが、内心、魅力的だと感じる。
元々自分には好みの女を汚したいという欲望がある事を自覚していた主人公は
鈴香も、そして冬音にも目をつけていた。
しかし実行するにしても学園は普通に卒業しておきたい。そう考えていた。
渡りに船ではあるが、なんらかの理由で自分を嵌める為の罠かもしれないという疑念は当然あり、
そうでなくても露見すれば社会的に死ぬ可能性が高まる。

『理由と条件次第。普通なら犯罪だけど、それが人助けになる可能性もあるかもしれないし、話を聞くだけなら…』

そう返事しようとするも、

「わかった、引き受けよう」

自分の意思とは無関係に了承の声を上げてしまう。
その返答に笑顔を見せる冬音。この女がそうさせたと確信する。

彼女に負けない笑顔を見せ、繰り返すように今度は自分の意思で了承する。
今度は冬音が一瞬驚いた表情を見せるが、再び笑い、主人公も合わせるように笑い合う。

この依頼の真意はまだ読めないが、十分に興味を惹かれた。

「乗ってやろう…たっぷり後悔させた後、永遠に幸せにしてやろうじゃないか」

ページトップへ