メールが届かないお客様へ
はじめてのお客様へ
通信買取ページへ

 

特典ページ

 

中古ページ

 

ランキング

 

トップ > 2018年発売 > 2018年2月発売 > Liar-soft Selection 22 『黄雷のガクトゥーン〜What a shinig braves〜』

Liar-soft Selection 22 『黄雷のガクトゥーン〜What a shinig braves〜』

製造元 : Liar-soft
希望小売価格 : 2,980
価格 : 2,780円 (税込 3,058円)
発売日:2018年2月23日
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ

発売日:2018年2月23日

メーカー:Liar-soft

メーカーリンク:HP
ジャンル:ADV
原画:千枚葉
シナリオ:桜井光

【ストーリー】
20世紀初頭、1908年。
知られざる世紀、知られざる世界。
私たちのものとは異なる19世紀を歩んだそこには、無数の蒸気機関の姿があった。
異常発達した蒸気文明によって世界のあらゆる空は灰色に染まり、海さえ黒に染め上げられていた。

海──

黒い海。 かつては青かった海は、今は、黒く暗い。

欧州フランス王国のかつての港湾都市マルセイユもまた、黒く、暗い色の海であったが、世界の他の海と異なるものがそこにはあった。
巨大な要塞の如く堅牢な大型人工島。
それは、都市であって、同時に華やかな“学園”でもあった。

正式名称は、マルセイユ洋上学園都市。
先端的機関科学に基づいて形作られた都市であり、
世界最高の碩学を生み出すための学園であり、
華やかなる蒸気文明によって汚染された海の上にあって、汚染された空の下にあって、けれどもそこは、青春を謳歌する若者たちの輝きで満ちていた。

失われた太陽を思わせる活力と熱意に溢れて、

失われた星々を思わせる美しさを煌めかせて。

けれど、学園都市には、フランス政府さえ恐れるひとつの “秘密” があった。
すなわち、学園は欧州全土の闇を統べる秘密結社 『西インド会社』 の支配下にあるという事実。
欧州のどんな国家組織でさえ学園都市の全貌を明らかにはできず、介入は許されず、各国首脳はただ密かに静かにその動向を見つめるしかない。

完全閉鎖された絢爛の学園。

唯一、“卒業” の形でしか学生たちが出ることを許さない都市。

統治会《フラタニティ/ソロリティ》と呼ばれる《西インド会社》の下部組織によって支配された、外部の干渉の一切を拒む若者の園。
誰も開くことはできない、秘密の園。
輝ける才能の数々と恐るべき異能とを生み出し続ける、華やかなる世界の歪み。

けれども、1908年。

そこに、ひとりの青年が姿を見せる。

統治会への反抗を口にする彼は、こう名乗った。

「ニコラ・テスラ。72歳。転校生だ」
「マルセイユ洋上学園都市 10万の学生諸君。運命に呪われたお前たち、全員」
「──私が、この手で、救ってやる」

そして、ディフ塔の鐘が鳴り響く。
学園都市に歓喜の時を告げる《ガクトゥーンの鐘》が──

ページトップへ