メールが届かないお客様へ
はじめてのお客様へ
通信買取ページへ

 

特典ページ

 

中古ページ

 

ランキング

 

トップ > 2018年発売 > 2018年2月発売 > 幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO 通常版

幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO 通常版

製造元 : インレ
希望小売価格 : 8,800
価格 : 7,280円 (税込 8,008円)
発売日:2018年2月23日
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ

発売日:2018年2月23日

メーカー:インレ

メーカーリンク:HP
ジャンル:幕末血煙活劇
原画:ぬい、ひっさつくん
シナリオ:葉山こよーて

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』

【ストーリー】
時は動乱の幕末。


古より伝わる不思議な力……。
その不思議な力は国が安危とき、何者かに宿るという。
その力を持つ者は相手の弱点を読み取ることが出来、一陣の風のもとに相手を亡き者にできる。
言い伝えでは敵の弱点を読み取る際、小さな光……ときには紅蓮の炎が浮かび上がるという。
総じて、その光を『玉』と呼んだ……。

黒船襲来から十年、日本は未曽有の危機に瀕していた。
政治の中心は江戸から京都に移りつつあり、その京都は天誅の名の下、無法地帯と化していた。
その無法地帯を取り締まるのが近藤勇率いる壬生の狼とよばれた「壬生浪士組」(後の新選組)。
そんな勇たちに助けられた主人公、見田健。
倒幕へと傾く時代の中、個性あふれる新選組の面々とともに京の町を守るが……。

ページトップへ