メールが届かないお客様へ
はじめてのお客様へ
通信買取ページへ

 

特典ページ

 

中古ページ

 

ランキング

 

トップ > 2018年発売 > 2018年6月発売 > インモラル・ラブ 〜妻の連れ子が俺の恋人〜

インモラル・ラブ 〜妻の連れ子が俺の恋人〜

製造元 : アパタイト
希望小売価格 : 2,000
価格 : 1,980円 (税込 2,178円)
発売日:2018年6月29日
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ

発売日:2018年6月29日

メーカー:アパタイト

メーカーリンク:HP
ジャンル:ADV
原画:桜ロマ子
シナリオ:岡下誠


【ストーリー】
主人公・伊原宗一郎は、知人の顔を立てて行った見合いで結婚した。
妻は再婚で娘の春香がおり、当初は義理の娘との接し方に主人公は不安を抱いていた。
年頃の娘が、義理の父という存在をすんなり受け入れてくれるとは思えなかったからだ。
私のことを避けて部屋にこもるか――。
家へ帰らずに繁華街で遊び歩くか――。

しかし、心配したようなことは起こらなかった。
むしろ、娘は主人公に好意的ですらある。
いや、好意的という表現を通り越していた。
一般的な父娘の間ではされないようなスキンシップをしてくる。
ごく普通の家庭において、父親の太腿に娘が頭を預けたりするのだろうか?
主人公は、娘の態度に戸惑いを覚えずにはいられなかった。
妻の初婚は早々に破綻したそうだから、娘は父親の愛情をほぼ知らなかったことになる。
そのため、義理の父である主人公に愛情を求めてきたのだろう。

だが、その考えは簡単に崩れることになる。
娘は、父親としての愛情を求めていなかった。
とあるきっかけで彼女の脳裏では、主人公との交わりが思い描かれているのを知る。

親としては、戸惑いを覚えずにはいられない。
しかし、ひとりの男性としては激しく牡欲を刺激された。
主人公の心臓は、高鳴り娘との禁じられた関係を期待してしはじめていた……

ページトップへ