メールが届かないお客様へ
はじめてのお客様へ
通信買取ページへ

 

特典ページ

 

中古ページ

 

ランキング

 

トップ > 2020年発売 > 2020年12月発売 > 縁りて此の葉は紅に 普及版

縁りて此の葉は紅に 普及版

製造元 : Lump of Sugar
希望小売価格 : 3,800
価格 : 3,380円 (税込 3,718円)
発売日:2020年12月25日
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ

発売日:2020年12月25日

メーカー:Lump of Sugar

メーカーリンク:HP
ジャンル:本格ファンタジー陵辱ADV
原画:萌木原ふみたけ
SD原画:奏ナコト
シナリオ:水月紗鳥、てつじん、芳井一



【ストーリー】
この世界には、二つの種族が暮らしている。
獣耳、翼、尻尾などを有する――『幻夷(まほろい)』。
それらを持たない――『人間』。
二種族の共存が始まり、早数百年――

紅葉で栄える、山裾の地方都市『継椛実町(つぐもみちょう)』。
幻夷発祥の地と伝わるこの町で、笹浦清司は一人の少女と出会う。
「――やっと逢えた……!」

それは、古来より幾度となく物語の中で紡がれてきた光景。

獣耳と尻尾――幻夷の少女は瞳を潤ませ、唇をほころばせる。
秘めた想いを伝えるかのように、頬を上気させ、精一杯の言葉を紡ぐ。
「えっと、えっと。わたしの……ううん、わたしは――」

――そう。
これは由緒正しく、古式ゆかしい恋物語(ラブストーリー)――

「わたしは――――ご主人のペットだよっ♪」(太字強調:ペット)

ではない!!

愛の告白――もとい、ペット宣言をした少女の正体。
彼女の存在によって揺るがされる、幻夷と人間の関係。
……よりもなによりも、自称ペット少女の襲来で激変する清司の周辺。

これは共存の歴史に刻まれる、新たな一ページ。
共に栄える――共栄の物語。

幻夷の集う、この継椛実町で彼が向かう先は――

ページトップへ